【朗報】再び開催決定!鎌倉花火大会2017年の日程と穴場スポット5選

目安時間:約 6分

スポンサードリンク

鎌倉花火大会を毎年楽しみにしているみなさま、朗報です!

2017年は一度中止と発表されましたが、再び開催することに決定しました。

 

今年の花火大会は例年とどう違うのでしょうか?

今回は、鎌倉花火大会2017の日程や毎年あった有料席についてなど、

気になるポイントをレポートします♪

 

第69回鎌倉花火大会2017年の日程とプログラムは?

鎌倉花火大会2017年の日程は?

開催日時

鎌倉花火大会2017年7月19日水曜日

19時20分~20時10分

※雨やひどい天気の時、高波の時も中止となります。

予備日なしです。

会場

由比ヶ浜海岸と材木座海岸となっています。

打ち上げ数

約2,500発(予定)

主催

鎌倉市

運営主体

鎌倉を愛する者がつくる花火大会実行委員会

交通規制について

第69回鎌倉花火大会の開催に伴い、鎌倉駅周辺、および若宮大路において

19日(水)午後6時30分から交通規制が実施されます。

バス及びタクシー乗り場も変更になります。

引用:鎌倉市役所HPよりhttps://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kankou/t20161207.html

 

2017年の鎌倉花火大会のプログラムは?

サポーターズ花火がメインになっています。

※サポーターズ花火とは?

鎌倉花火大会にご出資いただくと会場で名前とメッセージが読み上げられ、あなたの花火が打ち上がる企画です。
仕事関係のお知り合いや、ご家族、恋人などの方々に向けて思い出に残る
花火を贈ってみませんか?

ご購入いただいた方は大会パンフレットにも「花火サポーター」として企業名・個人名を掲載させていただきます。

引用:第69回鎌倉花火大会ホームページ

 

昨年までの鎌倉花火大会は、鎌倉市観光協会が運営をしていました。

2017年の運営は、「鎌倉を愛するものがつくる花火大会実行委員会」が行います。

 

例年は、水中花火とスターマインが目玉の花火大会でしたが、

スポンサードリンク

今年はもしかしたら例年通りの花火とは異なるかもしれません。

※予算には水中花火船の項目があるので、

おそらく開催されるかと思います。

 

鎌倉花火大会2017は寄付がメインで行われます。

5月末まではクラウドファンディングで支援を募り、

目標金額は一千万円届きました!

 

クラウドファンディングの公式サイト

http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknV7951569

有料席はある?穴場のスポットは?

 

鎌倉花火大会には例年有料席が500席用意されていました。

 

有料席は鎌倉市観光協会が販売していたのですが、

先に書いたように運営から撤退しているので、

2017年についてはどうなるか不明です。

 

せっかくの有料席ですから、できれば今年の運営団体が復活させてほしいですね。

 

さて、有料席が無いとなると探すべきは穴場スポットです。

おすすめの穴場スポットを5箇所ご紹介します。

 

長谷駅から行く由比ヶ浜海岸

鎌倉花火大会2017の会場の一つである由比ガ浜海岸ですが、

最寄り駅は江ノ島電鉄の由比ガ浜駅です。

ここを避けて、西側の隣駅である長谷駅から行くと若干ですが混雑から逃れられます。

和田塚駅側から行く材木座海岸

由比ヶ浜駅の隣、東側の隣駅の和田塚駅を降りて材木座海岸の方に行きましょう。

由比ガ浜海岸より遠い会場になるので、比較的混雑具合が少ないです。

逗子マリーナ

JR横須賀線の逗子駅から京急バス「小坪経由・鎌倉駅行」に乗り、

「リビエラ逗子マリーナ前」バス停すぐです。

会場からは遠くなるので花火が小さめに見えますが、

早めに行って場所取りをする価値があります。

披露山公園

こちらもJR横須賀線の逗子駅から京急バス「小坪経由鎌倉行き」に乗ります。

「披露山入口」バス停で下車し、10分ほど歩くと着く高台の公園です。

事前に着いてゆっくり待ちましょう。

大崎公園

披露山公園からさらに8~10分ほど歩いた所にある公園です。

海に突き出た岬の頂上にある公園なので、景色が抜群!

アクセスは大変ですが、チャレンジしがいのあるスポットです。

どの穴場スポットも、人が多いので少なくとも2時間前までには到着しましょう!

まとめ

開催が決定して嬉しい鎌倉花火大会2017、

コンセプトは、「みんなでつくる花火大会」

楽しみですね♪

詳細はこちら>>第69回鎌倉花火大会2017公式サイト~みんなでつくる花火大会~

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー