なんとかしたいIHの焦げつき!こべりつく原因と対策と掃除方法を教えます

目安時間:約 3分

スポンサードリンク

 

 

みなさん、こんにちは。

突然ですが、みなさんが使っているキッチンは

ガスコンロですか?IHですか?

 

今は、IHの方が多いんではないでしょうか?

ところで、IHを使っている方の中でIHが焦げついて、

汚れが落ちないと困っている方はいらっしゃいませんか?

 

すぐに掃除すればいいのですが、仕事をしていたり

何かと忙しい主婦の方々は、つい忘れてしまい放置しがちですよね(><)

 

今日はIHの焦げついてしまう原因や焦げの落とし方をまとめてみました。

 

IHが焦げついてしまう原因

吹きこぼれや飛び散った料理、

はねた油が鍋の下敷きなったりして熱せられ、

少しずつ焦げて推積していきます。

それが、だんだんと拭いても取れないような頑固な汚れになり、焦げ付く原因となるのです。

 

HIの焦げつき対策

 

  1. 汚れを飛び散らせないこと
  2. 鍋を吹きこぼさないこと
  3. 飛び散った調理後はすぐ拭き取ること

 

この3つが重要になってきます。

スポンサードリンク

焦げ付いてしまった場合、落とし方がIHクッキングヒーターの説明書に記載してある場合があるので確認してみてください。

 

記載していない場合や記載してある通りやっても

取れなかった場合の落とし方をお教えします。

 

IHの焦げの落とし方

  1. クリームクレンザーとラップを使う方法

・焦げ付き部分にクリームクレンザーをつけます。

・丸めたラップで擦ります。

・固く絞ったタオルで拭き上げます。

 

  1. 重曹ペーストとアルミホイルで落とす方法

・重曹2:水1の割合で混ぜてペーストを作ります

(水はゆっくり混ぜるのがポイントです。)

・焦げ付き部分に重曹ペーストを塗って、30分程度ラップをかぶせて置いておきます。

・丸めたアルミホイルで擦ります。

・固く絞ったタオルで拭きあげて終了です。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

すぐに拭きとったり掃除をすれば、いいのですが…。

小さい子がいると、そうもいかなかったり…。

 

焦げ付きが取れなくなってしまった時、この記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー