安全性?性能?それとも価格?チャイルドシートのメーカー人気ランキングBEST10!

目安時間:約 8分

スポンサードリンク

赤ちゃんが生まれると色々と必要なものが出てきますよね。

赤ちゃんが生まれるまでは買ったことが無くて

どんなものを選べばいいのかわからないものもあると思います。

 

赤ちゃんと一緒にドライブに行くときに必要になる

チャイルドシートもその一つではないでしょうか?

 

チャイルドシートって、調べてみると

メーカーの種類が沢山あって、それぞれ特徴が違います!

メーカーによってそれぞれ機能性やデザインにも特徴があります。

 

どれがいいのか、なかなか解らない人は

ぜひランキングを参考にしてみてくださいね♪

 

チャイルドシートのメーカーの人気ランキングをまとめました。

 

チャイルドシートのメーカー人気ランキングBEST10

1位 combi(コンビ)

常にチャイルドシートの上位にランキングされている定番のメーカー。

 

Combiのベビーカーは、だっこ型に作られているのが特徴で、

赤ちゃんがリラックスして安心できるようになっています。

 

また種類も豊富なので、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。

その中でも特に人気があるのは・・

「ネルーム(NEROOM)シリーズ」

「ミニマグランデシリーズ」

「ジョイトリップシリーズ」です。

2位 タカタ(TAKATA)

エアバッグ、シートベルト、チャイルドシートなどを

販売している会社なので安全性には信頼がある会社です。

 

タカタの特徴は、ISOFIX対応のチャイルドシートが一番豊富です。

ISOFIXって何?

ISOFIXは座面に直接固定できるタイプにあたります。

 

また、乳児から乳幼児までの長い期間使える

チャイルドシートを販売したことで、高く評価されています。

3位 アップリカ

アップリカの特徴は完全に平らに寝かせられる

ベッド型であるところです。

 

平ら型だと赤ちゃんの呼吸を邪魔しない姿勢で

いられてストレスが無いです。

アップリカのフラディアシリーズは、新生児から使える

3ステップ対応ベッド型で、洗う事が出来るタイプが魅力的です。

4位 レカロ(RECARO)

レカロは車の交換用のシートで有名な

ドイツのメーカーで車好きな人は、よく知っているかも知れません。

 

そんなレカロはやはり車好きの人に人気が高く、

デザイン性が優れているのが特徴です。

 

デザインだけでなく、安全性快適性も優れています。

オシャレな車好きの人は欲しいですよね。

5位 リーマン(LEAMAN)

リーマンは日本製にこだわり、高い技術力を持った

プロのこだわりが注ぎ込まれている製品です。

製品も自社工場でしているので管理も安心できます。

日本製ってやっぱり安心感がありますよね♪

6位 レーマー(Romer)

レーマーはドイツでは、チャイルドシートのトップブランド

世界中でとても高い評価を獲得しているそうです。

エボルバ1-2-3プラス(EVOLVA 1-2-3 plus)という商品は

なんと1歳手前から12歳前後までの長い期間使う事が出来ます!

成長ごとに買い替えなくて済むのは経済的にもありがたいですね。

スポンサードリンク

7位 マキシコシ(MAXI-COSI)

マキシコシのベビーカーの特徴は、赤ちゃんとの移動が

とても便利なベビートラベルシステムです。

 

チャイルドシートのシートごと赤ちゃんを

車、家の中、ベビーカーに運ぶことができるので

赤ちゃんが寝ていても起こさなくて済みます。

お母さんにも赤ちゃんにも優しいですね。

8位 グレコ(GRACO)

グレコはアメリカで、育児ブランドNO1を誇るブランドです!

世界中で信頼されて人気をえているブランドで

チャイルドシートは軽くてデザインもオシャレです。

また、高品質なのに低価格というのが魅力的です。

9位 エールベベ(AILEBEBE)

エールべべは、自社工場で品質の高いチャイルドシートを販売していて、

更に製品保証がとても充実しているのが素敵です。

 

車に関連する製品を販売している会社なので、

チャイルドシートの構造も安定しており、信頼性がありますね。

10位 ピジョン(pigeon)

ピジョンはまだ歴史の浅いブランドですが、

無駄のないシンプルな構造で使いやすいので

万人受けするのが特徴のようです。

 

また、ピジョンは素材にこだわり、日本製で良質なのが安心できますね。

 

安全性、デザイン、価格、乗り降りのしやすさで徹底比較!

 

それぞれのメーカーに特徴があります。

そして、人によって重視するポイントも違いますよね。

 

安全性、デザイン、価格、乗り降りのしやすさでみると

どのメーカーが良いのでしょうか?

 

安全性で選ぶならタカタ!

チャイルドシートの安全性は、取り付けをしっかりと

出来ることが重要です。

タカタはISOFIX対応のチャイルドシートで

確実に固定でき、がっしりと安定感があるので安全性があります。

デザイン性で選ぶならレカロ!

レカロは車の交換シートで有名なブランドだけあり、

チャイルドシートもスポーツカーのようなカッコイイデザインです。

特にパパからの人気が強いです。

価格で選ぶならやっぱりリーマン!

チャイルドシートはメーカーによって値段が違います。

リーマンは比較的安い商品が多いようです。

 

赤ちゃんが出来るとチャイルドシート以外にも

必要なものが沢山出てくるので、

出来るだけ安い価格で買いたい人にお勧めです。

乗り降りのしやすさで選ぶならコンビ!

コンビのチャイルドシートの特徴ともいえる、

ゆび一本で簡単に360°回転できる設計は乗り降りのしやすさ抜群です!

これでお母さんのストレスが減りますね。

 

まとめ

あなたはどのメーカーに引かれましたか?

赤ちゃんの安全を守るためには、欠かせないチャイルドシートですが、

お母さんと赤ちゃんがより快適にドライブできる商品が沢山出ていますね。

 

機能性が一番!という人もいれば、

デザイン性も楽しみたい人もいるかもしれませんね。

 

・・お値段と性能の丁度いいのがあればいいのですが、

一つ前のバージョンなど、型落ちを狙えばお手ごろに購入できますしね♪

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー