幻想的な舟のかがり火!天神祭奉納花火2017の日程と時間は?人気穴場スポット10選!

目安時間:約 6分

スポンサードリンク

夏でカップルと行きたいイベントといえば、やっぱり祭りと花火ですよね。

日本の伝統と歴史のある花火で有名な天神祭奉納花火は

幻想的で毎年130万人もの人が見に来る大人気の花火大会です。

 

東京「神田祭」京都「祇園祭」と並び、日本三大祭とされる、

大阪府大阪市で行われる「天神祭」

天神祭の奉納花火は、神様にご覧いただくために打ち上げるのが目的の花火で、

祭のクライマックスには、大川に約100隻の大船団が繰り出され、

それらの舟のかがり火と、夜空にあがる花火の織り成す光景がとても幻想的です。

 

天神祭奉納花火の2017年の日程と時間は?

また、花火を見るときには場所が重要ですよね!

人気穴場スポット10選もご紹介します。

 

天神祭り奉納花火2017年の日程と時間

2017年の日程と時間は変更になる可能性もあるので直前にしっかり確認しましょう。

日程:2017年 7月 25日(月)

打ち上げ時間:19:30頃~21:00頃

毎年7月24日に天神祭宵宮、25日に天神祭本宮(花火大会含む)が行われます。

荒天の場合は中止。順延なし。

打ち上げ場所は大川をはさんで2か所

・大阪府大阪市都島区川崎公園側

会場の場所は大阪城北詰駅より徒歩で10分

・桜之宮公園側

会場の場所は桜ノ宮駅西口から徒歩8分

約4000発ほどの花火が打ち上げられるそうで見ごたえたっぷりです!

 

天神祭奉納花火がキレイに見える、おススメ穴場スポット10選

花火を見るときには場所で見え方が結構違います。

せっかく行くのなら綺麗に見える場所で見たいですよね。

天神祭奉納花火が綺麗に見えるオススメの穴場スポット10選

大川にかかる橋:水面の反射の美しさと花火が一度に味わえる人気スポット

打ち上げ場所に近い「源八橋」「桜宮橋」「川崎橋」などは、

例年花火見物客で大混雑します。

スポンサードリンク

特に源八橋は最寄り駅の「桜宮駅」に近いので、早い時間から混雑してしまいます。

 

混雑を避けるなら、「都島橋」で見物するのがおススメです♪

・源八橋

・都島橋

・川崎橋

・桜宮橋付近

大川の川沿いには屋台も出店されるので、

美味しいものを食べながら花火を見ることが出来ます。

 

打ち上げ花火も、文字仕掛け花火も楽しめるのは、対岸側の「毛馬桜之宮公園」がおススメ♪

「毛馬桜之宮公園」は、とても広い公園なので、

「藤田美術館」のあるエリアまで移動すると

火の粉もかかることなく、花火を楽しめます。

 

迫力満点!心臓に響く花火の音や光も間近に感じたいなら

大阪アメニティパーク(OAP)がおススメです♪

川を挟んだ向かい側が、桜ノ宮公園の打ち上げ花火の会場で

間近で打ちあがる花火の迫力満点な光と音が楽しめます。

・大阪アメニティパーク(OAPタワー)

・レジデンスタワー東側の公園

 

桜之宮公園は混雑するので場所取りは早めに!

屋台もあるので特に人気スポットです。

混雑が苦手な人は花火会場から遠くなるのですが

藤田邸跡公園前は比較的空いているのでゆっくり見たい人にはお勧めです♪

・藤田邸跡公園前

他には有料のサービスを利用してみることも出来ます。

・帝国ホテル、ヒルトン大阪、大阪キャッスルホテルなどのホテル

・阪急32番街 空庭Dining

大阪のホテルではいくつかのホテルで花火が鑑賞できるところがあります。

予約の時に問い合わせてみましょう。

 

阪急32番街 空庭Diningでは27~31階までさまざまなレストランが入っています。

高い所からなので綺麗に見えます。

 

花火が綺麗に見えるレストランの場所を聞いて予約すると良いですね。

人混みを気にせずに鑑賞できるのでゆっくり見ることが出来ます。

是非参考にお気に入りのスポットを探してみてください。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー