2017年度の春と秋のお彼岸の入りはいつ?お墓参りや過し方は?

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

日本にはお彼岸にお墓参りに行くという風習がありますよね。
お彼岸は仏教の教えから来ています。

仏教のある国は沢山ありますが、

お彼岸にお墓参りをするという風習は日本だけの独自の文化なのです。

お彼岸は一年の中にで2回あります。

先祖に感謝してお供えする風習は

普段忘れがちな先祖へ感謝の気持ちを思い

起こすことが出来るので大切なことですよね。

2017年のお彼岸入りはいつなのでしょうか?

忘れないようにチェックしておきましょう。

 

2017年度、春と秋のお彼岸の入りはいつ?

お彼岸はそれぞれ、

「春分の日」と「秋分の日」の間をはさんだ3日前後の時期なのですね。
2回とも7日間あります。
さっそく2017年度の日にちを見てみましょう。

春は「春分の日」が3月20日(月)です。

3月17日(金)(彼岸入り)~3月23日(木)(彼岸明け)までがお彼岸の期間です。

秋は「秋分の日」が9月23日(土)です。

9月20日(水)(彼岸入り)~9月26日(火)(彼岸明け)までがお彼岸の期間です。

スポンサードリンク

 

彼岸入りの日の過ごし方とは


お彼岸入りにはどんな風に過ごすのが良いのでしょうか?
何かすることはあるのでしょうか?
お彼岸に何かしなければいけないことが

決まっているわけでは無いみたいですが、

お彼岸と言えばまずはお墓参りに行く人が多いですよね。
仏壇やお墓を普段よりも丁寧に綺麗に掃除しましょう。

普段はなかなか忙しくて細かいところまで

手入れが出来ていないかもしれません。

お彼岸の日は普段よりも心を込めて

先祖の事を思いながら掃除すると良いかもしれませんね。
お彼岸にお供えで持っていくお菓子は

日持ちのするクッキー、羊羹、せんべい、お饅頭が良いみたいです。

お花は白い花や淡い色の花が一般的なのだそうですが、

故人が好きだったお花をお供えしても良いようですよ。

 

今ではお店でお供え用にフラワーアレンジしてくれる

ところもあるのですね。

お店でアレンジしてもらうと豪華で素敵なものが

出来上がりそうで良いかもしれません。

関連記事はこちら>>知らないと恥をかく!?お彼岸の本当の意味とは?ぼた餅とおはぎの違いは?

最後に

他にもお彼岸の機会に家族や親せきで集まって

先祖のことをお話しするのも良いのではないでしょうか。

なかなか機会が無いと家族同士で先祖の事を

話し合う事ってないですよね。

また仕事や子育てで忙しく過ごしていると

先祖の事って忘れがちかもしれません。

色々な思い出を思い出し、自分を見つめなおす時間にするのも良いですよね。

お彼岸の時期を忘れないように今のうちにカレンダーに印をつけておきましょう。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー