娘の中にある何かとてつもない生き物。

目安時間:約 3分

スポンサードリンク

ハロウィンですね♪

ここ数年は家でもハロウィンパーティーが恒例になりつつあります。

娘はとにかくパーティーを楽しみにしており、テーブルやお部屋の飾りをせっせと
手作りしておりました。

そしていざハロウィンパーティー!

娘が得意げにA3ほどのスケッチブックを取り出し、ジャーンと見せてくれたのが。。。。

ものすっごい色使いの、かぼちゃのお化けでした。
A3のらくがき帳いっぱいに大きく描かれていました。

私たち家族は息を呑み、そして食い入るように眺めました。

娘の中のハロウィンのまがまがしさにド肝を抜かれました。

まずは、かぼちゃの台詞。

「トリクアトリート おかしをあげないといたずら

スポンサードリンク

したい。」

なんだかもう意味わかりませんが、とにかくいたずらはしたいみたいだね、このかぼちゃお化けはwww

いやもうみんなで笑いましたwwwww

わたしが声を変えて、このかぼちゃになりきり台詞を何度も何度も言うと、その度に大爆笑でしたwwww

娘は恥ずかしそうに大笑いしてましたが、
何者にも壊されず、彼女の中から生まれる物をこれからも楽しみにしてます。

年を重ねるごとに、普通が擦り込まれていく中で、自分らしさを保つのはとても難しく感じます。

息子(お兄ちゃん)が異常なほど目先のことしか目に入らない子で、たくさん怒られる姿を見ている分、
娘はどこか思ったことをすぐに言えないところがあり、やりたいこと、楽しみたいことを抑制しているように見えます。

家族なんだから、思うことを言ってもいいんだよと、娘には常日頃から伝えています。

人生は一度きりなので、後悔のないようにと願うばかりです。

それにしても。。。まがまがしいかぼちゃお化けだこと!
色使いがやばいですwww

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー