母の日プレゼントのカーネーションは切花?鉢植え?メリットとデメリットをまとめました

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

 

母の日のプレゼントの定番と言えばカーネーションですよね!

私も母の日にはカーネーションをプレゼントしています。

 

そんな母の日のカーネーションですが、

切花と鉢植えがありますよね。

 

私は自分の母が鉢植えの花を結構枯らして

しまうイメージがあったので無難に切花にしていました。

 

ただ義理のお母さんはどっちがいいのか迷うところです。

 

今まで鉢植えのカーネーションはあげたことが

無いのですが、今年はあげたことのない鉢植えの

カーネーションにしようかと検討中です。

 

どちらかとても迷います!それぞれのメリットを見てみました。

 

母の日プレゼントのカーネーション、切花のメリットは?

 

切り花のメリットは手入れが簡単な所です!

花瓶に入れて一日一回水を変えるだけなの

ですから特に難しいこともありません。

 

また、花は好きだけど、手入れや管理が苦手だから

育てるのは苦手という人には切り花がぴったりです。

 

切り花は期限が短いのが普通なので、

枯れてもあまり悲しくありません。

 

切り花を長持ちさせるには

スポンサードリンク

延命剤や砂糖を少し入れると良いみたいですよ。

 

母の日プレゼントのカーネーション、鉢植えのメリットは?

 

鉢植えのメリットは上手く育てると

切花よりもずっと長持ちするところです。

 

上手くいけば来年も花を咲かせてくれます。

 

切り花だと一瞬ですが、鉢植えは長く

部屋やベランダにも飾っておけるのが良いですよね。

 

また花を育てるのが趣味な人にとっては

特に嬉しいかもしれません。

 

鉢植えは家の庭に植え替えることも出来るので、

家に庭があり、日頃からガーデニングを趣味で

やっているお母さんには喜ばれそうです。

 

まとめ

それぞれにメリットがありますが、

もらうお母さんの性格や生活環境に合わせるのが良いと思います。

 

家に庭が無かったり、花を育てた経験が

全くない人にとっては鉢植えは少し困ってしまいます。

 

せっかくもらったのに枯らしちゃったら

嫌だな~という気持ちにもなりますよね。

 

ガーデニングを日頃からやっている人でも

庭に植えるお花の好みもあるので、

植えたくない人もいるかもしれません。

 

どちらかというと

短い期間を楽しむ切花の方が安心かもしれません。

 

ただ毎年切花だという人は

今年だけちょっと鉢植えをあげてみる!

というのも良いですよね。

 

もしかしたら今まで花を育てたことが

無かったお母さんが花を育てる趣味ができる

きっかけになるかもしれません。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー