日本人にとって特別な桜「ソメイヨシノ」その歴史や由来や起源、花言葉を紹介します

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

 

 

みなさん、こんにちは。

最近暖かくなってきて、

もうすぐ春が来ますね。

春が来たと実感する時はどんな時ですか?

 

私は、花が咲いたのを見た時です。

特に桜を見ると「春が来たなぁ〜」っと感じます。

日本では桜といえば染井吉野(ソメイヨシノ)

というくらい、知ってる方が多いソメイヨシノ

日本人にとって特別な桜だとご存知でしたか?

今回は、そんなソメイヨシノについて調べてみました。

 

日本の代表的な桜「ソメイヨシノ」の花言葉は?起源は?

 

ソメイヨシノの歴史

ソメイヨシノは

江戸末期から明治初期に

江戸の染井村の造園師や職人の

手によって育成された桜。

日本の観賞用の桜の代表種です。

花弁は5枚で、葉が出る前に花が開くのが特徴です。

また、

江戸彼岸桜と大島桜を交配させて

生まれたとも考えられていて、

全国に植えられている桜の

約80%がソメイヨシノだそうです。

 

ソメイヨシノの花言葉は?

桜の自体にも花言葉があるのですが、

スポンサードリンク

ソメイヨシノの花言葉は

「純潔」「優れた美人」

このような花言葉があります。

 

次はソメイヨシノの名前の由来について、ご紹介します。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)の名前の由来は?

江戸時代末期〜明治初期に

染井村の植木職人が品種改良をして

作られたのがソメイヨシノ。

作出された当時は、

桜が有名な吉野山にちなんで

「吉野桜」と呼ばれていたとか。

しかし、吉野に植えられているのは

山桜という別種であることや、

染井村が起源であることから、

1990年に東京帝室博物館の

藤野寄命「染井吉野」と名付られたそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ソメイヨシノについて

詳しく知る事ができましたか?

江戸時代があったなんて、

歴史深き桜なんですね。

 

日本人にとって特別な桜

だという事が理解出来ました、

 

時代劇や江戸時代のドラマなどにも、

よく桜が登場しますよね。

とくに、何とも思わず見ていましたが

ソメイヨシノにも歴史があったんですね。

 

江戸時代の職人さんの手によって

作られたソメイヨシノですが、

何を思って品種改良したのか…。

分かりませんが、とても凄い事ですよね。

 

今となっては品種改良をする事が

当たり前になりつつありますが、

昔はとてもすごく大変だったに違いありません。

 

小さい頃から当たり前のように咲いていた桜…。

もしかしたら、職人さんが品種改良

しなければ見れなかったのかもしれないですね。

ソメイヨシノの歴史を知り、

一層、桜をじっくり観察するのもいいですね。

 

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー