見どころは「こども歌舞伎」!長浜曳山祭2017年の日程は?

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

長浜曳山祭って知っていますか?

 

日本三大山車祭という、日本の中で行われる山車に特徴をもつ

大きなお祭り3つの中の1つに入っているのが長浜曳山祭です。

ほかに高山祭と祇園祭が選ばれています。

 

日本のお祭りは色々な特徴があってどれも魅力がありますよね。

長浜曳山祭は滋賀県長浜市、長浜八幡宮で行われているのですが

まだ行ったことの無い人は是非見に行ってみてください。

こども歌舞伎など見所も沢山あるようです。

 

2017年度長浜曳山祭の日程とスケジュール

長浜曳山祭はいつ開催されるのでしょうか?

日程とスケジュールを調べてみました!

長浜曳山祭の日程4月9日~4月16日

だいたいのスケジュールですが

4月9日 線香番 18時

4月9日~12日 裸参り 20時

4月13日

起し太鼓 時間未定

御幣迎え 7時

神輿渡御 10時

くじ取りの儀 13時

子ども歌舞伎 18時

4月14日

子ども歌舞伎 午前中

登り山 午後

役者夕渡り 19時

4月15日

起し太鼓 時間未定

春季例大祭 7時

役者朝渡り 8時30分までに八幡宮着

長刀山太刀渡り 9時20分までに八幡宮着

子ども歌舞伎 9時55分

神輿還御 21時頃

スポンサードリンク

戻り山 21時30分頃

4月16日

御幣返しの儀 8時

 

と、約1週間様々な催しが楽しめるようですね。

 

長浜曳山祭の由来と見どころは?

長浜曳山祭の由来が気になりますよね。

長浜曳山祭はあの歴史で有名な豊臣秀吉が関係しているそうなんです。

長浜に豊臣秀吉が初めてお城を構えたのが始まりです。

豊臣秀吉に子供が生まれた際にお祝いとして砂金を町人に渡しました。

この砂金をもとに、町人が曳山を建てて、お祭りに曳き渡したそうです。

これが今でも続いているお祭りの始まりなんですね。

 

長浜曳山祭の見どころは「こども歌舞伎」!

長浜曳山祭の見どころはこども歌舞伎です!

このお祭りのために1カ月ほどかけて練習するそうですよ。

5歳から12歳の男の子が演じるそうで、大人も顔負けの芸が見どころなんだとか!

これは見てみたいですよね。

子供が歌舞伎を演じている姿は可愛いでしょうね~。

こども歌舞伎の後に開催される登り山も必見です。

子供の役者を乗せた曳山が長浜八幡宮神社に集まるので、

子供の役者と曳山の両方が見られます。とても盛り上がりそうですね。

 

そして曳山の美しさも見所

そして曳山の美しさも見所です。

曳山は全部で13基あるのですが、とても美しい装飾で動く美術館と呼ばれているそうですよ!

日本の文化を感じられそうですね。

まとめ

長浜曳山祭は日本の伝統や芸術を感じることが出来ますね。

見どころが満載で日本のよさが伝わってきそうです。

是非行ってみてください。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー