隅田川花火大会2017打ち上げ場所2つ!?最寄駅は?日程と穴場6選!

目安時間:約 8分

スポンサードリンク

 

夏にカップルで行きたいイベントといえば花火ですよね。

東京の有名な花火と言えば日本最古の隅田川花火大会!

カップルにももちろん人気の花火で沢山の人で毎年大賑わいです。

花火大会に行く前に最寄り駅や花火が行われる場所はちゃんと確認しておくと良いですよ。

当日だと毎年とても混雑しているので、道もうまく進めない可能性が。

迷っているうちに花火が終わってしまうと悲しいですからね。

そこで!

隅田川花火大会の日程、2つの打ち上げ場所のそれぞれの特徴と最寄り駅。

そして、いろいろなシーン別に選べる穴場スポット6選と、番外編もあわせてご紹介します。

今年こそ見たい!隅田川花火大会2017日程は?

 

 

夏にカップルでデートに行くと言えばやっぱり花火は欠かせないですよね!

好きな人と花火を見に行くと夏のいい思い出になります。

東京の隅田川沿いにある河川敷で毎年最終土曜日に行っている花火大会です。

なんとびっくり!江戸時代からの伝統のある隅田川花火大会

東京では色々な場所で花火大会が開催されますが、

隅田川花火大会はなんと!

江戸時代から始まっているとっても古い伝統のある花火大会なのです!

江戸時代からとはびっくりですよね~。

きっと今とは江戸時代の東京の風景も花火の数も全く違うと思いますが、

同じ場所で江戸時代の人も花火を見ていたと思うとワクワクしますね。

今年はどんな花火を見せてくれるのでしょうね。

 

隅田川花火大会2017の日程

  • 日程は2017年7月29日(土)です。
  • 毎年7月の最終土曜日というのが決められているので覚えやすいですね。
  • 天候によってできなければ次に日に開催する予定みたいですよ。
  • 時間は午後7時5分から始まり、
  • 終わる時間は午後8時30分となっているので結構たっぷりと長時間楽しめるようです。

知っていますか?隅田川花火大会の打ち上げ場所は2つ!

 

隅田川花火大会は花火の会場が2つあるようなので両方確認しましょう。

第一会場と第二会場の場所花火大会の打ち上げ場所は?

隅田川花火大会 第一会場:桜橋下流~言問橋上流

浅草や押切エリアから見えるのがここの花火のようです。

 

隅田川花火大会 第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

雷門通り、両国国技館などの観光スポットが近くにあります。

 

隅田川の付近は花火の最中は交通規制がかかるようなので、

車ではこの会場に行くことは出来ないようです。

行くときには公共機関を使っていくと良いようです。

公共機関も花火大会の日はとっても混雑すると思うので、

時間がかかることを想定して早めに行動すると良いですよ。

 

どちらかというと毎年第一会場の人気が高く、その分混雑するようです。

スポンサードリンク

第二会場の周りにはコンビニや買い物できる場所が多いようですよ。

 

それぞれの会場に近い最寄駅は?

公共機関を使って移動することになるかと思うので、最寄駅を確認しておきましょう。

第一会場:都営浅草駅で、会場まで徒歩15分

第二会場:都営浅草駅で、会場まで徒歩5分、都営蔵前駅で、会場まで徒歩5分

 

駅からはそんなに遠くないと思いますが、

公共機関でも混雑で身動きが取れなくなるそうです。

そのため会場で見たいという人は場所取りを朝から行ったりするようですよ。

 

また、初めていく人や混雑を出来るだけ避けたい人は

第一会場よりも第二会場がオススメなのだそうです。

こちらも混雑はするのですが、第一会場よりはゆっくりできるみたいです。

相談してどちらの会場が良いか決めてみてください。

 

一度行くと混み具合や雰囲気がわかると思うので次の年は第一会場に行くなど、

年ごとに花火鑑賞するスポットを変えていくのも楽しいと思いますよ。

花火は観る場所によって見え方が全然違うので色々な場所で見てみて、

自分の一番お気に入りの鑑賞スポットを見つけられると良いですね。

 

それでは、花火を見に行くときはやっぱり場所が肝心!

穴場スポットは抑えておいた方が良いですよね。

隅田川花火大会の穴場スポット6選!

浅草寺境内 やっぱり屋台も楽しみたい!

混雑が予想されるようですが、ここには屋台が沢山出るそうです。

花火も間近で見られるし、お寺から見る花火も良いですよね。

屋台も出るならお祭り気分も味わえて楽しいこと間違いなしです!

大横川親水公園 カップルにおすすめ!

こちらは比較的空いている穴場スポットのようなので

ゆっくり見たいカップルにはお勧めの公園です。

場所は本所吾妻橋駅、押上スカイツリー駅が近く、花火もきれいに見えます。

両国国技館 最寄駅から降りてすぐ!

こちらは両国駅から降りてすぐなのでアクセスがとっても簡単です。

駅からも花火が見えるようです。

人はそこそこ混んではいますが、比較的混んでいないスポットなので混雑を避けたい人にもお勧めですよ。

東白鬚公園 ゴザ無料貸し出し&催し物や屋台も♪

ここは東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅から徒歩7分ぐらいにある公園ですが、

ゴザを無料で貸し出してくれるという親切なスポットです。

またお祭りのように屋台や催し物が出ているようなのでオススメです。

タワーホール船堀の展望台 展望台からの花火は格別!

花火の場所からは遠くなってしまいますが、

展望台から花火を見るというのもいいのではないでしょうか?

タワーホール船堀の展望台は無料で見ることが出来るそうですよ!

汐入公園 スカイツリーと花火の両方を楽しめる!

スカイツリーと花火の両方の景色を楽しむことができるのがココ!

ただ年々人気が出てきて場所取りが必要かもしれないようです。

早めに行って場所を確保しましょう。

 

番外編:ホテルやレストラン、花火鑑賞クルーズも素敵!

花火大会に合わせてホテルやレストランに予約しておくのもとってもお勧めです。

東武ホテルレバント東京では、なんとレストランで食事をしながら

スカイツリーと花火の両方を見ることが出来、贅沢な時間を過ごすことができるようです!

他にもホテルから花火を見ることができるホテルが沢山あるようです。

人混みが嫌な人は部屋からゆっくり見るのも良いですね。

 

また、混雑や場所取りの必要もなく、ゆっくりと花火を見れて

もっと贅沢な気分を味わいたいカップルにはクルーズがオススメです!

カップルならなおさらロマンチックです。

ちょっと値段は高いのですが、ここで告白や日頃の思いを伝えてみるのも素敵ですね。

まとめ

今年はどんな花火大会になるでしょうか?

恋人と場所など早めに相談して決めてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー