説明できないと恥ずかしい!?ひな祭りの由来を子供向けにアレンジ例文

目安時間:約 5分

スポンサードリンク

 

3月3日はひな祭りの日ですね。

ひな人形を飾るときなど、ふいに子供から

「ねぇ、ひな祭りって・・・なに?」と聞かれたら

なんて説明しましょう?

まず、ひな祭りの由来を正しく知って、子供にも分かるような

説明をしてあげたいですね。

 

大人も納得!ひな祭り由来ここさえ抑えれば説明は簡単!

ひな祭りは、本来は穢れをはらう行事の一つだったんです。

日本には平安時代ごろから「五節句」という行事があって、

季節の節目に災難や厄から身を守り、

よりよい幕開けを願う風習がありました。

 

ここで、「五節句」をみてみると・・・

1月7日・・・人日(七草がゆ)

3月3日・・・上巳(桃の節句)

5月5日・・・端午(菖蒲の節句)

7月7日・・・七夕(星祭)

9月9日・・・重陽(菊の節句)

3月3日は、桃の節句にあたりますね。

 

では、次に由来をみてみましょう。

ひな祭りの由来には2つあって、

 

1.ひな祭りの由来「流し雛」

和紙で作った人形に災いを託して川や海へ流して、

災厄をはらう民俗行事です

2.ひな祭りの由来「雛あそび」

平安時代の貴族の子どものおままごと遊びです。

天皇の御所にイメージした御殿や飾り付けをして遊びます。

ちなみに「雛」とは、小さくてかわいらしいものという意味です。

 

ひな祭りの2つの由来から現代のお雛様になるまで

この2つの由来が結び付いて、人の厄を身代わりしてくれる

男女ペアの紙人形ができます。

これが、ひな人形の原型といわれています。

 

さらに、室町時代になると、人形が立派になって、

流すものから飾るものになりました。

上流階級の、嫁入り道具にもなったそうですよ。

 

そしてさらに、江戸時代には桃の節句が女の子の節句に決められ

さらに豪華で華やかなひな段に人形を飾るようになりました。

スポンサードリンク

 

こうしてみてみると、そもそもひな人形って、

厄落としに使われるもので、しかも、

流されるものだったなんて、おどろきですよね!?

 

雛祭りは、最初は若い女性が中心の行事でしたが、

初節句として、女の子が生まれるとひな人形を用意して、

『災いがふりかかりませんように・・・』
『美しく成長して幸せになりますように・・・』

という願いをこめてお祝いをするようになりました。

 

親が子供の幸せを願う気持ちから、

今のようなひな祭りの習慣が定着していったんですね。

 

ひな祭りの由来を小さな子供向けにアレンジして教えよう

 

ひな祭りの由来については、なんとなくわかってきました。

さぁ、いよいよ子供への説明です!!

 

子供に伝えるポイントは3つです!

・昔は紙の人形にイヤなことを託して川に流していたこと

・ひな人形は、子供にとってお守りのような意味があること

・ひな祭りは子供の成長を願う日だということ

 

このポイントを押さえつつ、子供の理解力に合わせて、

つたえてみてはいかがでしょうか。

 

-ここで1つ、会話例を考えてみました-

ママ 「今日はひな祭りね。」

女の子「ママ~、ひな祭りって、なに?」

ママ 「ひな祭りっていうのはね、○○ちゃんが幸せになれますようにって、

ひな人形を飾ってお願いする日なのよ。」

女の子「どうしてひな人形なの?」

ママ 「ひな人形は、○○ちゃんを守ってくれるんだよ。

お守りみたいだね。

昔は、紙で人形を作って、川に流してたんだって!」

女の子「へぇ~、そうなんだ~。」

ママ 「さぁ、一緒にひな人形飾ろうか。」

女の子「うん!飾ろう!」

1つの例として、参考にしてみてください。

 

まとめ

 

ひな人形を飾っていても、その由来は知らないということも多いと思います。

親としては、行事の由来など、子供にしっかり説明してあげたいですね。

由来も分かって、ひな人形を飾ったら、

改めて子供の成長を願いながら、お祝いしてあげましょう。

 

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー