【巻き爪の原因】皮膚に食込んで激痛!?早い段階での対策と治療がカギ!

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

 

 

■巻き爪になる原因は?

①履物

先の狭くなった靴を長時間履いていると、

つま先が圧迫され、爪に負担がかかります。

 

つま先のゆったりした履物を選ぶようにしましょう。

②深爪

爪のサイドを丸くするために深く切ったりすると、

そこから丸まっていって、食い込んでしまうこともあります。

あまり短くしすぎないようにしましょう。

③爪の性質・遺伝

爪の本来の性質が薄くて柔らかい人は、巻き爪になりやすいようです。

爪のケアを怠らないようにし、注意する必要があるでしょう。

④ジェルネイル

ジェルネイルを繰り返していると、爪が収縮してしまうのです。

ジェルネイルをオフする際に使用するアセトンが原因のようです。

このアセトンにより爪が乾燥し、爪の収縮が起き、結果巻き爪につながります。

■予防と治し方(治療方法)

前述した原因を、できる限り避けることは言うまでもありません。

 

爪は、指先から1~2mm後退した長さ、

サイドはストレートに切りましょう。

 

深爪も、伸ばしすぎも巻き爪のよくないので、

こまめにチェックすることが必要です。

 

また、乾燥することで巻き爪のリスクが上がるので、

爪用の保湿クリームもお勧めです。

 

ヒールの高い靴も履きたいですが、履きすぎは禁物です。

足先のゆったりしたフラットシューズでも、

おしゃれを楽しむことはできますよ!

 

爪にやさしい靴で、新しいコーディネートを楽しみましょう!

すでに巻き爪が進行してしまっている場合は、速やかに病院を受診しましょう。

 

迷いやすいですが、皮膚科や外科、整形外科などで対応してもらえますが、

最寄の病院に、受診する前に一度問い合わせをしてみるといいでしょう。

 

自宅で簡易的に治療する方法もありますが、

スポンサードリンク

まずは専門家に現状を診てもらうのが先決かと思います。

 

巻き爪になる原因に多く該当するようなら、

今すぐに爪の状態をチェックしましょう

 

 

 

 

巻き爪になってしまうと、見た目の悪さ以上に、

生活に支障が出てきてしまいます。

 

ヒールやネイルでおしゃれもしたいですが、

まずは体をしっかり労わって健康な状態を保ちましょうね^^

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー