憧れの中華鍋でアナタも料理上手!?鉄フライパンのお手入れ

目安時間:約 5分

スポンサードリンク

 

 

みなさんこんにちわ。

みなさんは料理は好きですか?

好きな方や料理にこだわりを持っている方なら、持っているでしょうか?

鉄のフライパンです。

料理好きなら憧れる、鉄の中華鍋!

 

やはり、鉄のフライパンで調理すると

料理はもいつもより美味しく感じそうな気がしませんか?

イタリヤンでもパスタを作る時など鉄のフライパンで炒めたりしますよね?

 

お店では、良く見かける鉄のフライパンですが、

家庭ではあまり見かけないですよね?

 

その理由は焦げ付きやすかったり、

錆びてしまったりお手が大変だからではないでしょうか?

 

しかし、錆びてしまった時の対処法もありますし、

手入れをしていれば市販のステンレス製のフライパンとは違い、随分と長持ちしてくれます!

それではまず、お手入れの仕方から紹介します。

鉄製フライパンのお手入れの仕方

鉄製のフライパンを長持ちさせるには

購入後に油返しをやるといいです。

 

また、調理後も普通のフライパンとは違い手入れが必要です。

 

油返しのやり方

  1. フライパンを火にかけ熱する
  2. 油(1カップ)を入れフライパン全体に馴染ませる
  3. 煙が出てきたら、余分な油はとり、いつも通り調理をする

これが油返しです。

 

そして、調理後ですが…。みなさんは調理後どうしていますか?

すぐ水につけてジューなんて事はしていませんか?

 

鉄製のフライパンはこれは厳禁

洗剤を使って洗うのもタブーなのです。

スポンサードリンク

 

調理をした後はフライパンが冷めないうちに、

お湯で洗います。洗剤を使ってはいけません。

 

洗ったら水気をきり火にかけ水分を飛ばします。

そして、フライパンが冷めたら

キッチンペーパーに油を染み込ませて全体に馴染ませて終わりです。

 

少し手間ではありますが、これをやる事で

鉄製フライパンを長持ちさせる事ができます。

 

次は鉄製フライパンのサビのとり方です。

 

鉄製フライパンのサビのとり方

鉄製フライパンを購入して使ってたものの…。

錆びてしまって使うのを辞めてしまったって方

いらっしゃいませんか?そんなアナタの為に錆のとり方をお教えします。

 

用意するものは

クレンザー、金たわし、ふきんやタオル、キッチンペーパ、油です。

それでは、いってみましょう!

 

  1. クレンザーをフライパンにふりかけます
  2. 上から少し水を加え、たわしで円を描くようにこする
  3. 錆が取れたら水でながす
  4. 水分をふきんやタオルで拭き取る
  5. フライパンを火にかけ水分をとばす

※水分が飛んだらスグに火をけす

6.熱が冷めたらキッチンペーパに油を染み込ませてフライパン全体に塗っていく

 

このような手順で錆を取り除く事ができます。

錆が取れない時はクレンザーで何度か繰り返し洗うといいようです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっと手間がかかり面倒に思えますが、

鉄製フライパンを手に入れたら長持ちさせたいですし、

料理も美味しく作りたいですよね?

 

錆びさせてしまった方々は諦めず錆を取り除き、

長持ちさせてみてはいかがでしょうか?

 

私も、中華鍋を長持ちさせて、

大好きな中華料理を家族に振る舞いたいと思います♪

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー