敏感肌や赤ちゃんにもオススメ!紫外線吸収剤フリーの日焼け止めとは?

目安時間:約 3分

スポンサードリンク

  • 紫外線ってやっぱりとても気になります!
  • 特に女性はシミやしわの原因になると言われているので
  • 毎年帽子、日傘、手袋などの日焼け止めグッズで予防対策をしていると思います。
  • とくに顔や肌を直接守る日焼け止めは必需品ですよね。

     

  • 皆さん日焼け止めって毎年どんなものを買おうか迷いませんか?
  • 私は毎年とても迷います。
  • 沢山のメーカーから出ていますし、何が良いのかよくわかりません。
  • 日焼け止めは肌に刺激が強くて荒れてしまった経験もあるので、
  • 肌に負担の少ないものが欲しいです。

     

  • そんな敏感肌の人や赤ちゃんには紫外線吸収剤フリーの
  • 日焼け止めがオススメのようですが、紫外線吸収剤とはどんなものなのでしょう。

     

    紫外線吸収剤のメリットとデメリットは?

  • メリット

    良く伸びるので塗りやすい、白浮きしにくい、

  • 汗に強い、紫外線を防ぐ効果が高い。

    日焼け止めにはあってほしい要素ですね。

  •  

    デメリット

    スポンサードリンク

    肌荒れを起こすことがある、

  • 安全性が確認されていない、時間がたつと効果が薄まる。

     

    紫外線をカットはしてくれるけれど、

  • 紫外線吸収剤によって肌が荒れてしまうのは意味がない感じもしますね。
  • また赤ちゃんに使うときに安全性が確認されていないものを塗るのに不安も感じます。

     

    日焼け止めを塗って肌が荒れた人は紫外線吸収剤フリーを選ぼう!

    敏感肌の方や赤ちゃんには良いと思います♪

  • 紫外線吸収剤フリーの日焼け止めは最近沢山の種類があり、
  • SPF数値やPA+の数値も様々です。
  • さらに口コミで探すと白浮きしないものや
  • 塗り心地が良い商品もあるので使用感も悪くないようですね。
  •  

    更にクレンジング不要で石鹸で落とせるのもあるようです。

  • 日焼け止めってなかなか落ちにくくて落とすときにも
  • 肌をさらに傷めることがあるので、石鹸で簡単に落とせるのは良いかもしれません。

    ただ汗や摩擦で落ちにくいので、こまめに塗り直しが必要みたいですね。

    最後に

    私も日焼け止めを塗って吹き出物が出たりカサカサになった経験があるので、

  • 今年の夏は紫外線吸収剤フリーの商品を試してみようかと思います。
  • 化粧品の成分って意外と肌荒れの原因になっているものが入っていたりするのですね。
  • 成分を気にしたことが無かったので勉強になりました。
スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー