浴衣を着たらクリーニング?気になる帯や料金の相場と自宅で洗う方法

目安時間:約 5分

スポンサードリンク

夏になると、お祭りや花火大会など、浴衣を着る機会が多いですね。

 

浴衣を着る機会が増える分、気になるのはクリーニング代です。

 

そこで、浴衣をクリーニングに出した時の料金の相場や

ご家庭で洗う場合のおすすめの洗い方などをまとめました。

 

浴衣をクリーニングに出す前に

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

浴衣のクリーニング代の相場は?帯はどうする?

そもそも浴衣って、着たらば毎回洗う必要があるんでしょうか?

 

毎回洗えば着た時に気持ちいいですが

お金がかかってしまいますよね。

 

浴衣を洗うのは、着ていた時にどのくらいの汗をかいたかで

決めるといいみたいですよ。

 

あまり汗をかかず、ほこりなどのあまりない場所にいたのであれば

洗濯をせずに、また着ても大丈夫です。

 

でも、あまり洗わずに何回か着続けていると

浴衣がヨレて、くたびれ感がでてしまうので

クリーニングに出した方がいいですね。

 

あと、去年着た浴衣をしまっておいたら

シワになってしまったってこともあると思います。

そういう場合もクリーニングに出して、キレイな状態にしてあげましょう。

 

 

そして気になる浴衣のクリーニング代ですが

お店によって値段はいろいろのようです。

だいたい1,000円~3,000円くらいのところが多いみたいです。

絞りの生地など、特殊な生地の場合には、お値段が高めのようです。

 

それにしても、1,000円と3,000円では値段の幅が広すぎですよね!

この差は『機械仕上げ』か『手作業仕上げ』かによって決まります。

 

 

実際のところ、低価格のお店では、トラブルがあった話も聞きますので

もし大切な浴衣を出すのであれば

浴衣の知識があるかどうか、お店に確認したほうがいいかもしれませんね。

 

 

そして、帯はクリーニングに出したほうがいいのかという疑問ですが

帯には、汗がつかないので、出さなくて大丈夫です。

柔らかい布でそっと拭いてあげてください。

でも、もしシミなどがついてしまったらクリーニングに出してくださいね。

 

 

家庭で洗う場合は、おしゃれ着洗剤で押し洗いがオススメ

スポンサードリンク

「毎回クリーニングだと出費もかさむし、自分で洗いたい!」

という方もいらっしゃると思いますので、家庭で洗う方法をご紹介します。

 

1.その浴衣が家で洗濯できるかを確認する

手洗いOKのマークがついていれば大丈夫です。

麻や絞りなどの特殊な素材の場合は、クリーニングにしましょう。

 

2.浴衣の選択は、手洗いで

衿の部分に仕付け糸をかけ、ヨレを防止します。

バケツなどに水をはり(お湯はNGです!)

おしゃれ着洗剤で押し洗いをします。

長時間水に漬けると、色落ちしやすくなるので、手早くすすぎます。

 

3.物干し竿に袖を通して干すか、着物ハンガーにかけて干す

天日で干す場合は、裏返しに干しましょう。日褪防止になります。

 

 

最後に

 

夏のイベントに浴衣は欠かせません。

夏にしかできないおしゃれを楽しむためにも

お気に入りの浴衣は、清潔にして長く楽しみたいですよね。

 

家庭で洗濯することもできるので(洗濯表示はよく確認してくださいね)

自分で洗ってみるのもいいですね。

生地が特殊な場合は、出費になりますが

プロのクリーニングやさんにお任せしましょう。

 

お気に入りの浴衣を大事にケアしてあげてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー