汚れ防止だけじゃない!?オシャレなランドセルカバーの簡単な作り方

目安時間:約 4分

スポンサードリンク

 

ランドセルカバーはよく小学校1年生が黄色のカバーをかけていますよね。

2年生以降になるとあの黄色いカバーはとっているかと思います。

 

そもそもあのランドセルカバーって何のために付けているのでしょう?

 

今ではそんなランドセルカバーにもいろいろな種類があって、

おしゃれで可愛いデザインのものが沢山販売されているのですね!

更に手作りも出来るようです。

最近の小学生はランドセルカバーでおしゃれをしているようです。

 

ランドセルカバーで差がでる!?簡単に作れる方法

ランドセルカバーを付けるとおしゃれなランドセルに大変身!

そんなランドセルカバーは市販でも売っていますが、

好みのデザインが見つからないときは

お家で簡単に作ることが出来るみたいですよ。

買うより安くもすみます。

 

ランドセルって毎日同じ色だと飽きてしまうので

いくつかカバーを作っておしゃれを楽しむことも出来ますね。

ネットで調べると沢山のランドセルカバーの作成方法がありました。

上級者の方はデザインのアレンジも色々工夫されていましたし、

初心者でも簡単に作ることができる作り方もありました。

スポンサードリンク

 

手作りだとこの世に一つだけのオリジナルが出来るので良いかもしれませんね。

 

ランドセルカバーは必要!?簡単な作成方法

ランドセルカバーって一体どうしてつけるのでしょうか?

必要性はあるのでしょうか?

ランドセルカバーはおしゃれでつける目的もありますが、

ランドセルを汚れから守ってくれたり、

ランドセルに傷が付くことから守ってくれる役割もあります。

 

ランドセルを大切に使いたい人には必要ですね。

ランドセルカバーを簡単に作る方法ですが

 

必要なもの

ラミネート生地

ゴム(ズボンに使ったりする強度の強いもの)2,3本です。

持っているランドセルの大きさに合わせて、

余っている部分をミシンで塗っていきます。

ランドセルカバーにランドセルに固定するためのゴムを縫い付けます。

ランドセルの横幅よりもちょっと短めにゴムを付けましょう。

ランドセルの上部分にカバーを引っかけるためのゴムを縫います。

ゴムを輪っかの状態にしてカバーに縫い付けましょう。

 

簡単な作り方はこんな感じです。

生地の柄選びからこだわると色々な印象のランドセルカバーが出来ますよ。

透明素材のカバーに可愛いワッペンをつけても可愛いです。

 

また100均のランチョンマットで作っている方もいます。

100円の生地で出来てしまうなんてお財布にもとっても優しいですし、

手作り初心者さんは仮に作るのに失敗しても100円だったら気になりませんね。

 

お子さんと好きなデザインを相談しながら選んで作ってみてください。

スポンサードリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
閲覧数の多い人気の記事
カテゴリー